fc2ブログ

CSTO(集団安全保障条約機構)

2022/11/03、ロシア安全保障理事会のニコライ・パトルシェフ書記長の発表では、ソ連の歴史について歪んだ理解を与えるCIS(独立国家共同体)諸国向けの教科書の作成に、米国は資金を提供している。これは西洋による「歴史を改竄し、ファシズムを復活させようとする試みである。」まぁそらやっていても不思議ではないでしょうよ、香港でやられていた様なことが他では行われていないと考える理由は無い。今や西洋はホロドモールとか「スターリンがヒトラーと組んで第二次世界大戦を始めた」とか公然と吹聴して回っているのだから、その歴史観を旧ソ連諸国にも浸透させようとしている筈だ。
Патрушев: США финансируют учебники для СНГ, где дается искаженное понимание истории СССР

2022/10/26、ロシアのプーチン大統領はCIS(独立国家共同体)諸国の安全保障・諜報部の長との会合に於て、西側がCIS諸国の内政に干渉しようとするあらゆる試みに共同で対抗する必要性を強調。ノルドストリームやクリミア橋やクルスク原子力発電所等の様な破壊活動の他、様々な恐喝・圧力・脅迫、特に「カラー革命」の試みや、ナショナリズムや過激主義を利用することで、CIS加盟諸国の安全を直接脅かす武力紛争が煽られていることを指摘。アル=カイダやISILその他のテロ組織のリスクも以前として高く、 CIS全体の安全を強化する為には、共通の脅威を無力化する為に協力しなければならないと発言した。
President Putin’s Address to the Heads of CIS Security and Intelligence Agencies

ロシアメディアRTのドキュメンタリー。ワルシャワ条約機構の中央アジア版後継組織であり、地域に蔓延るテロや麻薬取引、不法移民の脅威に対して集団安全保障を提供する半政治的・反軍事的組織であるCSTO(集団安全保障条約機構)の現状と活動が絵描かれている(2022年6月時点で加盟しているのはでロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン)。最近では2022年1月のカザフスタンのカラー革命の時に秩序回復に大いに貢献した(そしてそのことを西側大手メディアからは黙殺された)組織だが、そもそも西側がこの地域にバラ撒いた不安定化要因とそれに対する戦いは殆ど報じられることが無いので、基本的に西側市民の頭の中ではこの地域の情勢は空白になっているのではないかと思う。ソ連時代の遺産としてロシア語を共通語としているので意思の疎通が容易な様だ。この10年で一人の殉職者も出していないと云うのは凄い。全体に於て米帝の私兵犯罪テロ組織と化したNATOとは対極的な組織だと言える。ロシアメディアが今後この種の情報をもっと出してくれる様になれば、例えばアフガニスタン情勢なんかも、西側大手メディアに教え込まれたのとは全く違った目で見ることが出来る様になるのではないかと思う。
CSTO ALLIES - 30 YEARS PROTECTING COLLECTIVE SECURITY

 Youtubeだと何時削除されてしまうか判らないので、多少画質は落ちるが別リンクも貼っておく。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR