fc2ブログ

ヘルソン

ソーニャ・ヴァン・デン・エンデ氏の現地リポート。ロシアの特別軍事作戦開始後にヘルソンの町を訪れた彼女は、現地住民達がロシア軍を解放者として歓迎している様子を伝えている。
U.S. Media Decries Brutal Russia Invasion of Ukraine—Yet an Intrepid Reporter Finds that the Russians Were Welcomed as Liberators in the Southern Ukrainian City of Henichesk along the Sea of Azov

ヘルソンとザポリージャ地域には現在通常の生活が戻って来ており、現地では既にルーブルが使われ、ウクライナ経済とは関係が切れている。両地域が近い将来ロシアに編入されるかどうかは現地政権もロシア当局もはっきりした方針を表明してはいないが、少なくともウクライナに戻ることは有り得ない。両地域ではクリミアと違って農業や産業が盛んなので、ロシアの負担になることは無く、ウクライナにとっては大きな経済的損失となる。マリウポリの港湾復旧プロジェクトは現在順調に進行中で、アゾフ海は完全に支配下に在る。ウクライナが遮断していた(人道犯罪である!)クリミアへの淡水路運河は復旧され、漸く給水が再開された。ロシア語に対する差別は撤廃され、ウクライナ語と同じく公用語としての地位を得るが、それによってウクライナ後が制限されることは無い。

Alexander Nepogodin: What does the future hold for the regions of Ukraine now controlled by Russia?

TASSに掲載されたヘルソン地域のサルド知事のインタビュー。西側メディアはクリミアの時と同じ様にヘルソンの人々を悪魔化し彼等の主権と自己決定権を否定しようとしているが、まぁ自分達の住んでいる地域とロシアとの再統一を望むウクライナ人(偶々現在の国籍がウクライナになっているだけのロシア人)は多いだろう。自分達の帰属を自分達で決定することが民主主義でないなら、民主主義とは一体何を意味するのだろう。
Глава Херсонской области: планов присоединения к Крыму нет

コリブコ氏の解説。ソ連赤軍が大祖国戦争に勝利した戦勝記念日に、ウクライナのヘルソン地域の Vladimir Saldo 知事はTASSのインタビューに答えて、ヘルソン地域が既にルーブルを使用し、ロシアの経済的、法的、政治的モデルをエミュレートする為に積極的に取り組み、キエフ政権下で不当な弾圧を受けていたロシア語を正当な役割に戻し、学校教科書の歴史改竄(過去8年間で少なくとも10回書き直され、ソ連時代の英雄についての言及は抹消された)を修正することで、ロシアとの統一を加速していることを明らかにした。クリミアに吸収される可能性は否定したが、最終的には両者とザポリージャ地域を含む新しい連邦地域が宣言されることを想定している。レーニンの領土分割から1世紀を経て、南ウクライナとロシア連邦の再統一が間近に迫っている。
It Was The New Governor of Kherson, Not Putin, Who Surprised The West On Victory Day
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR