fc2ブログ

「パンデミックの間に人間について私が学んだ(或いは確認した)20のこと」(Zuby)

2021/07/10(土)の呟きより

*ラッパーでポッドキャスターのZubyさんと云う方が連投した呟きが仲々秀逸なので訳してみました。最初に訳した時に名前を間違えたのはごめんなさいです。



1.殆どの人は正しいことより多数派でいるのが好き。

2.人口の少なくとも20%は権威主義的。状況によってのさばって来る。

3.死への恐怖に匹敵するのは社会的不承認の恐怖のみ。後者の方が強いかも。

4.プロパガンダは100年前と同じく有効。情報に無制限にアクセス出来ても、平均的な人は賢くならない。

5.あらゆるものはメディアと政府と連中を信じる人達によって政治化され得るし、実際そうなる。

6.多くの政治家や大企業は自らの政治的・金銭的野心に貢献するなら、人命など喜んで犠牲にする。

7.殆どの人は(政府を批判する人達でさえ)政府が人々の最善の利益の為に行動すると信じている。

8.一旦こうと決めたら、殆どの人は自分が間違っていたことを認めるより、間違い続ける方を選ぶ。

9.人間は良くも悪くも、訓練や条件付けによって迅速且つ比較的簡単に、大幅に行動を変えることが出来る。

10.十分に恐怖すると、人は権威主義を受け入れるだけではなく、それを要求する様になる。

11.「陰謀論者」と駄目出しされる人達は、往々にして十分調査を行い、主流の物語に先んじているだけ。

12.殆どの人は自由よりも安全安心を大事にする。それが単なる幻想に過ぎなかったとしても。

13.快楽適応は両方向で起こる。一旦慣性が始まると、人々を「普通の生活」に戻すことは難しい。

14.かなりの割合の人が、服従させられることを完全に楽しむ。

15.西洋の何百万もの人々にとって、「科学」は世俗的な擬似宗教と化した。これは科学そのものとは殆ど何の関係も無い。

16.殆どの人は実際に正しいことをするより、正しいことをしている様に見えることを気に掛ける。

17.政治、メディア、科学、健康産業は、程度の差は有れ全て腐っている。科学者や医師は政治家と同じ位簡単に買収出来る。

18.人は十分に快適な環境を与えられれば叛逆しない。権利を剝奪する際にカネと食べ物と娯楽を与えておけば、何百万もの人々を大人しくさせておくことが出来る。

19.現代人は、政府の暴走から自分達の自由を守ることに関して、独善的で警戒心が薄過ぎる。

20.あなたは騙されていたのだと人に納得させるより、人を騙す方が簡単。



おまけ:
21.殆どの人は大変思いやりがあって善意に満ちている(これは良いこと)。

その所為で、殆どの人にとっては或る人達(私達の「指導者」を含む)が悪意や邪な意図を持つことが「出・来・る」と云うことを理解するのが非常に難しい(これは悪いこと)。




まとめた記事はこちら

元々はTwitterに投稿された呟きです。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR