fc2ブログ

何故CNNはハワイがNATO第5条の適用外であると云う偽の論争を巻き起こすのか?(抄訳)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。2024/03/30、CNNは、ハワイはNATO第5条の適用外であると云う偽の論争を巻き起こして恐怖を煽った。これは米国が「アジアへの軸足回帰」を果たす前に反中感情を再燃させようとする試みだと思われる。
Why’s CNN Creating A Fake Controversy About Hawaii Not Being Covered By NATO’s Article 5?



CNNが「第5条の適用外」の恐怖を煽る

 2024/03/30、CNNは「この米国州はNATO条約の適用外である。一部の専門家はそれを変える必要が有ると語る」と云う記事を掲載した。

 「この米国州」とはハワイのことであり、ハワイは他の49州と違って米国本土内に位置していないので、集団的自衛を定めたNATO憲章第5条の対象ではない、と警鐘を鳴らしているのだ。

 但し米国務省報道官は、他のNATO諸国もその水域の向こう側に領土を持っていてそれらも第5条の適用対象となることを望んでいると述べているので、この問題が改正される可能性は低い。

 米国は1982年のフォークランド/マルビナス諸島を巡るアルゼンチンとの戦争では英国を支援しなかったので、英国の方ではこの件をまだ恨んでいるかも知れない。

 フランスも南太平洋に広く散らばる地域に広大な領土を持っていて、これらも第5条の適用外だが、米国はフランスの領土を守ることを義務化することにも抵抗を感じるかも知れない。

 厳密に言うならば、第5条は加盟国が攻撃された場合に軍隊の派遣を義務付けている訳ではない。各加盟国がその時必要と判断したことを何でもしても良いと云うだけの話だ。

 この点を誤解している人が非常に多いので、第5条を発動して他の加盟諸国に支援を要請する加盟国は、可能な限り最も現実的なレヴェルの支援を受けられる、と云うのが一般的な認識となっている。従って一般の人々は、ハワイが地理的に第5条から除外されていることによって、受けられる支援が少なくなるのではないかと想像するだろうと予想される。

 CNNの記事では米国政府が一部資金提供しているシンクタンク、パシフィック・フォーラムの2人の専門家の発言が紹介されているが、彼等はハワイやグアム(グアムは米国の「領土」。古い言い方では植民地)が除外されることは、「抑止要素」を取り除き、敵を「大胆にすることになる」、と恐怖を煽っている。

 この記事は具体的にどう云う事態を想定しているのかはっきり触れていないが、ここで仄めかされていることは明らかだ。日本帝国が真珠湾攻撃を行った様に、中国がはるばる太平洋を半分横断してハワイ等を先制攻撃するのではないか、そしてそれはNATO全体と戦う必要が無いと安心しているからそうするのではないか、と云うものだ。

 但しCNNは専門家達の意見とは違って、若しハワイやグアムが攻撃されたら、第5条が発動されなくとも、米国を支援する為に「有志連合」が結成されるだろうと予測して記事を締め括っている。だが平均的な読者は、中国が先制攻撃した場合、NATO諸国には米国を支援する義務は無いのだ、と早合点して、記事を最後まで読まないかも知れない。人々がその様に誤解すれば、反中感情が煽られることになるだろう。



中国の脅威を煽る記事の背景

 中米は2023/11/15の習-バイデン首脳会談以来、互いの競争をより責任を持って管理しようとしているが、米国は「ヨーロッパ要塞」を構築してロシア封じ込めをドイツに任せた後は、「アジアへの軸足回帰」を果たして中国封じ込めに専念しようとしていることは明らかだ。

 米国は自国民に対して、新冷戦に於ける米国とロシアの対立が沈静化すれば、今度は米国と中国との対立が悪化するのだ、と条件付けようとしている。

 だからこそ米国は台湾情勢を緊迫化させようと中国に対する挑発をエスカレートさせているが、中国は賢明にもこのエサに食い付かなかった。

 だが米国はAUKUS+、特に日本とフィリピンを利用してアジア版のNATOの様な軍事同盟を構築しようとしており、中国包囲網を強化しようとしている。

 CNNの記事はこの文脈で解釈されるべきだ。この記事はハワイがNATO第5条の適用外で有ると云う偽の論争を巻き起こし、これにより中国は「大胆になって」ハワイやグアムを攻撃しようとするかも知れないと仄めかすことで、アメリカ社会全体に反中感情を再燃させようとしている。

 過去2年間にロシア封じ込めの為に欧州に派遣された数千人の米軍部隊は、今度は代わりに中国を封じ込める為に徐々にアジアに展開されることになる。CNNの虚偽の主張を信じた一般市民は、この動きを支持するかも知れない。

 そもそも米国以外のNATO加盟諸国は米国程強大な軍事力を持っていないので、いざ中米が熱い戦争を始めたら、彼等が米国を支援しようがしまいが大差無い。だが平均的なアメリカ人はその様な点には気が付かないので、NATO第5条が適用されないことは「抑止要素」を取り除いてしまう、中国が暴走するかも知れない、と安易に考えてしまうだろう。

 新冷戦の中米側面の悪化に向けてCNNが国民を条件付けようとしている真の目的はそこに在る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR