fc2ブログ

あなたが知っておくべき40の事実:COVID-19の本当の話———第9部:計画と欺瞞(抄訳)

2023/03/24のキット・ナイトリー氏の記事の抄訳。多少補足し、長い記事なので各部に分割した。リンクソースの中には削除されてしまっているものも散見したので、可能なものには代替リンクを貼っておいた。
40 Facts You NEED to Know: The REAL Story of “Covid”
The REAL Story of “Covid”



 導入
 第1部:症状
 第2部:診断とPCR検査
 第3部:「症例」と「死」
 第4部:ロックダウン
 第5部:人工呼吸器
 第6部:マスク
 第7部:ワクチン
 第8部:死亡率データ
 第9部:計画と欺瞞
 第10部:動機と利益
 結論



 第9部:計画と欺瞞

 34)EUはパンデミックが始まる少なくとも1年前に「ワクチン・パスポート」を準備していた。

 即席の緊急対策として国民に提示されたCOVID-19対策は、病気が出現する前から存在していた

 2018年に発行された2つのEU文書、「2018ワクチン信頼性に関する現状」「免疫化情報システムの設計と実装」と題された技術報告書は、EU全体のワクチン接種監視システムの妥当性を議論している。

 これらの文書は2019年の「ワクチン接種ロードマップ」に統合され、(中でも)2019年に開始し2021年に終了するワクチン・パスポートに関する「実現可能性調査」を確立した。


 この報告書の最終結論は、2019年9月、つまりイヴェント201の丁度1ヵ月前に一般公開された。。

 実のところ、ワクチン接種と免疫化プログラムは「デジタル・アイデンティティの入り口」として、少なくとも2018年以来認識されて来た。

 2016年に設立されたID2020は、「全ての人にデジタル・アイデンティティを提供する」ことに特化した企業と政府の「同盟」である。

 2018年3月、ID2020は「免疫化:デジタル・アイデンティティへの入り口」という見出しの記事を掲載したが、著者はこう主張している。

 「免疫化はデジタル・アイデンティティを拡張する大きな機会を齎す。」

 ID2020 は、マイクロソフト、ロックフェラー財団、GAVI・ワクチン同盟によって共同で設立された。その「パートナー」にはFacebookや国連が含まれる。



 35)或る「訓練演習」はパンデミックが始まる数週間前にパンデミックを予測していた。

 2019年10月、世界経済フォーラムとジョンズ・ホプキンス大学はイヴェント201を開催した。これは人獣共通感染症コロナウィルスが世界的なパンデミックを引き起こしたと云うシナリオに基付いた訓練演習だった。

 この演習はビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団とGAVIワクチン同盟が資金提供した。

 この演習は2019年11月にその調査結果と推奨事項を「行動喚起」として発表した。

 1ヵ月顎後、中国は最初の「COVID-19」症例を記録した。



 36)COVID-19に懐疑的な世界の指導者達が「突然死」した。

 世界保健機関のCOVID-19政策に反対した複数の政治指導者が予期せぬ死を迎えたが、その反WHO的COVID-19政策は彼等の後継者達によって即座に覆された。

 2020/05/03、ブルンジのピエール・ンクルンジザ大統領はCOVID-19を「作り話」だと一蹴した。

 3日後、外交問題評議会は「ブルンジの民主主義に於ける危険な傾向」について警告した。

 2020/05/14、ンクルンジザはWHO代表をブルンジから正式に追放した

 それから1ヵ月も経たない内に、彼は「突然の病気」で死亡した。

 彼の後継者はCOVID-19を「我々の最大の敵」と呼び、WHOを再び呼び戻した。

 タンザニアでも殆ど同じ様な状況が繰り返された。COVID-19に懐疑的なジョン・マグフリ大統領がPCR検査の精度に疑問を呈し国内でのCOVID-19ワクチンの使用を禁止した

 2021年3月、マグフリは公の場から数週間姿を消した。

 またしても、外交問題評議会は彼の解任を求める記事を発表し、そしてまた彼が突然死亡したと報じられた。

 彼の後継者は直ぐにCOVID-19対策の方針を転換し、隔離、社会的距離、マスク着用を強制すると共に、タンザニアをWHOのワクチン・プログラムに参加させ、1,000万人の市民に注射を打った。



 37)「COVID-19パンデミック」中、インフルエンザは略完全に「消滅」した。

 米国では2020年2月以降、インフルエンザ症例は98%以上減少したと言われている。


 これは米国だけではない。2020年9月に米CDCは、米国、オーストラリア、南アフリカ、チリでインフルエンザの活動が著しく減少したと報告した。

 2021年4月、サイエンティフィック・アメリカン誌は次の見出しの記事を掲載した。

 「インフルエンザは1年以上消滅した」

 与えられた説明は、COVID-19対策だった———つまりマスクとロックダウンが、インフルエンザの蔓延を阻止したと云うのだ。しかし、マスクやロックダウンでは呼吸器疾患の蔓延を阻止出来ないことが判っている。

 世界的にインフルエンザは2020〜21年に掛けて略完全に消滅したが、それはCOVID-19対策では説明が付かない。

 一方で、「COVID-19」と呼ばれる新しい疾患は、症状はインフルエンザと同じで、死亡率もインフルエンザと同じなのだが、通常ならインフルエンザに襲われていたであろう全ての人々を襲っている様だ。



 導入
 第1部:症状
 第2部:診断とPCR検査
 第3部:「症例」と「死」
 第4部:ロックダウン
 第5部:人工呼吸器
 第6部:マスク
 第7部:ワクチン
 第8部:死亡率データ
 第9部:計画と欺瞞
 第10部:動機と利益
 結論
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR