fc2ブログ

エチオピア首相はソマリアに対する自国の意図について3つのポイントをはっきりさせた(抄訳)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。2024/02/06、エチオピアのアビィ・アハメド首相は、商軍港湾の使用権を巡ってソマリランドと交わした覚書と、それに対してソマリアの猛烈に怒っていることについて、議会の質問に答えた。エチオピアはソマリアに戦争を仕掛けようなどとはしておらず、寧ろその逆だ。
The Ethiopian Premier Made Three Solid Points About His Country’s Intentions Towards Somalia



 2024/02/06、エチオピアのアビィ・アハメド首相は、商軍港湾の使用権を巡ってソマリランドと交わした覚書と、それに対してソマリアの猛烈に怒っていることについて、議会の質問に答えた

 彼はソマリアに対するエチオピアの意図について、以下の3つのポイントをはっきりさせた。これはエチオピアがソマリアの領土を併合したり、ソマリアを不安定化させようとしていると云う主張に対して真っ向から反論している。

 1)彼はエチオピア軍が「ソマリアの平和の為に死んだ」ので、両国は「血で結ばれている」と述べたが、これはエチオピアがソマリアに招かれて対テロ活動を行ったことを指している。ソマリアは2000年代半ばに「イスラム法廷会議」に制圧されるところだったのだが、若しエチオピアがソマリアを本当に不安定化させたかったのなら、傍観していればよかった筈だ。だがエチオピアは断固としてソマリアへの支援を継続し、国の安定化に貢献した。

 2)エチオピアはソマリア軍の新兵をフルソ訓練センターで訓練している。若しエチオピアがソマリアと武力紛争を起こすつもりならそんなことはしない。何故敵となる兵士達を訓練しなければならないのだろうか。ここから、エチオピアはまさかソマリアが戦争挑発までして来るとは予想していなかっただろうことが推測出来る。そう予想していたら事前に訓練を中止していただろう。

 3)エチオピアは地域全体の繁栄に関心を持っているが、覚書が体現しているのはそれだ。この主張は上記1)、2)の点とも一致している。エチオピアが自国の利益のみを一方的に追求しているのであればそんなことはしない。エチオピアがソマリアの繁栄を心から望んでいなければ、ソマリアの将来に対して投資するなどと云うことはしなかった筈だ。

 アビィは一部の匿名勢力(恐らくソマリア大統領が最近訪問したエリトリアエジプトを指す)が地域紛争を扇動しようとしていると主張しているが、上記の点はこれを裏付けるものだ。両国は分断統治目的から、ソマリアに対するエチオピアの軍事的脅威の恐怖を煽っている。

 この企みを回避する最善の方法は、ソマリア人がアビィの発言を心に留め、エチオピアが長年に亘りソマリアをどれだけ助けて来たかを思い出すことだ。エチオピアが本当にソマリアに問題を引き起こしたいのであれば、対テロ部隊を撤退させ、二国間貿易を遮断すればいいだけだ。そうすればソマリアの安定は破壊され、破綻国家に逆戻りすることになる。確かに、ソマリアは数十年に及ぶ内戦とテロ反乱を経て、依然として包括的な再開発に苦戦しているが、これまでの進展はエチオピアの援助無しでは不可能だった。

 ソマリアはソマリランド再征服出来るなどと云う妄想は捨てて、可及的速やかに『尊厳を保った離婚』の交渉を進めるべきだ。ソマリアがイスラム法廷会議の脅威から解放されてから達成して来たことは全て、ソマリアがエチオピアと戦争をして(予想される通りに)負け、そこから生じた混乱にアル=シャバーブが付け込めば失われることになる。ソマリア指導部は、他のどの国よりも自分達の為に尽くしてくれたエチオピアに対して戦争挑発して、同胞のソマリア人を裏切る様な真似をしてはならない。

 ソマリアはアル=シャバーブ打倒に専念するべきだ。その為にはソマリランドとの問題を平和的に解決しなければならない。そうすれば、ソマリアはエチオピアと互恵的な関係を結び、台頭するエチオピアからソマリア人が社会経済的利益の一部を享受出来る様になる。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR