fc2ブログ

地中海回廊をリヴォフまで延長する暫定計画の分析(抄訳)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。2024/02/05、ロシア安全保障会議のドミトリー・メドベージェフ副議長は地中海回廊がリフォヴまで延長されることを受けて、西洋がウクライナの首都をキエフからリヴォフに移転することを計画していると推測したが、恐らくこれは単に試験的なプロジェクトに過ぎない。
Analyzing The Mediterranean Corridor’s Provisionally Planned Extension To Lvov
Mediterranean Corridor


 
 2024/02/05、ロシア安全保障会議のドミトリー・メドベージェフ副議長は、スペインからヨーロッパ南部を通る鉄道計画が、ウクライナのリヴォフを終点とする予定であることを指摘し、これはリヴォフが次のウクライナ首都になるであろうことを示唆しているとツイートした。


 02/06のキエフ・ポストの報道に拠ると、EUは、欧州と互換性の有るゲージ軌道の建設を含め、キエフまでではなくリヴォフまで延びるこの鉄道計画への資金提供にすることに合意した。従ってその意図は何かと云う噂が広がっている。

 メドベージェフの推測とは異なり、西洋は本気で首都をキエフからリヴォフに移そうとしている訳ではないのかも知れない。元ペンタゴン職員ティーブン・ブライエンが01/23、首都をリヴォフに移転する可能性について報じたが、鉄道の延長は単なる試験的プロジェクトであるとも断っている。

 この回廊は首都移転が計画されている場合のリヴォフの政治的役割を補完するものではあるが、EUが非加盟国に対してこの種の巨額の資金提供を行うのは前例が無い為、どれだけ早く建設出来るのか、全員にとってどれだけの利益が見込まれるのか、事前に確認出来た方が安心だろう。従って彼等が慎重に事を進めるのは当然だ。ウクライナは依然として紛争地帯なので、一部の欧州議会メンバーから無用の長物に対する危険な賭けだと批判が出るのは当然だろう。

 リヴォフまでの試験的プロジェクトを慎重に進めれば、この計画への抵抗も減り、その実行可能性が評価されるかも知れず、紛争が終結した暁にはリヴォフからキエフまで延長される可能性も有る。

 だがそれはリヴォフが次の首都になると云う意味ではない。ブライアンが報じたシナリオが実現したとしても、その場合は、北海・バルト海回廊が地中海回廊よりも優先されることになる。このプロジェクトは低地諸国とドイツ、ポーランド、バルト三国を繋ぐものだ。2022/07/22にはこれをウクライナまで拡大すると云う提案も行われたのだが、EUが今よりもっと小さな残存国家を想定していたら、この案も承認されたかも知れない。

 既にポーランドは経済的に西ウクライナを支配しつつある。またドイツの支援を受けたドナルド・トゥスク氏が首相に復帰したことで、ウクライナの富がポーランド経由でドイツに吸い上げられる可能性も有る。ポーランドは既に、ドイツとオランダの間での軍隊と装備の移動を円滑にする為の「軍事シェンゲン」の部分的な実装に同意することで、ドイツの覇権に服している(ドイツがこの様に欧州圏に軍事的覇権を確立したのは、ヒトラーのナチスドイツ以来のことだ。ヒトラーのナチスドイツに対してムッソリーニのファシスト・イタリアが果たした様なジュニア・パートナーとしての役割を、今のポーランドは果たしている)。更にポーラン前政府は2023/10/02に、ドイツが裏でウクライナと協定を結んだと非難しているので、ドイツがウクライナで経済的影響力を拡大する準備は整っていると見るべきだろう。

 ドイツにとっては地中海回廊を延長するより北海・バルト海回廊を延長した方が合理的だった筈だが、それは起こらなかった。その理由は不明だが、少なくともその事実は、キエフからリヴォフまでの首都移転が計画されていると云う推測に対する反論にはなる。従って、地中海回廊をリヴォフまで延長するのはやはり単なる試験的プロジェクトに過ぎないだろうと云う結論が導かれる。メドベージェフの推測にはそれなりの合理的根拠が有った訳だが、これらの観察を踏まえると、それは希望的観測に過ぎない様に見えて来る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR