fc2ブログ

ソ連赤軍が解放した西ウクライナ:1939年(記録映画)

 ソ連の記録映画を見付けたので紹介してみる。ロシア語だが一部は英語字幕が出せる。

 私も別に歴史に詳しい訳ではないので拙いながらちょこっとだけ解説しておくと、西洋ではソ連のスターリンとドイツのヒトラーは1939年に不可侵条約を結んで仲良くポーランドを侵略した、と云うことになっているが、スターリンがヒトラーと不可侵条約を結んだのは、ドイツを封じ込める為の申し出を英仏波等に悉く断られてしまった為、ドイツのソ連侵攻までの時間稼ぎをする為の苦肉の策としてだった。仲が良かった訳ではなく、寧ろ逆だったが、一時的に利害が一致したに過ぎない。

 1939年にソ連が「侵略」したとされている当時のポーランドの領土は、現在で云うとポーランドではなく、ベラルーシとウクライナ西部に相当する(下図のカーゾン線の東側)。そこに住んでいるのは殆どが白ロシア人(ベラルーシ人)とウクライナ人で、ポーランド人は殆ど居ない。と云うのもここは元々1921年のリガ協定でポーランドがソ連から奪い取った地域だからだ。ポーランドの軍事独裁政権(当時はヒトラーの同類はヨーロッパ中に居た)はその後地元民達を迫害した。従ってソ連側の視点からすれば、ソ連はポーランドを「侵略」したのではなく、不可侵条約を盾にして奪われた領土を奪還し、虐げられた兄弟達を「解放」して、祖国への再統一を果たす為に進軍した、と云うことになる。
 
 実際、この記録映像に映っている人々はソ連赤軍を両手を挙げて歓迎している。地元の人々の中には実は反発や複雑な感情を抱いた人もひょっとしたら居たのかも知れないし、そうした細かい主観的な感じ方は通りいっぺんの映像だけからは読み取れないので、私も一を聞いて十を断言する様な真似は出来ないのだが、この映像はまぁプロパガンダと言えばプロパガンダなのだろうが、概ね事実に基付いたプロパガンダと言えるのではなかろうかと私は思う。

 Curzon Line

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (1/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (2/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (3/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (4/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (5/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (6/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (7/8)

Western Ukraine Liberated by Red Army 1939 (8/8)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR