fc2ブログ

プーチンは退役軍人主導の新たなロシア・エリート層の構築を構想している(抄訳)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。2024/01/26、プーチン大統領は、退役軍人達が主導するロシアの新たなエリート層の構想を明らかにした。

 「戦場で愛国心を証明する」とは、これまた日本人の多くには受け入れ難い発想かも知れないが、それは日本人が基本的に侵略戦争しか知らないからだろう。戦争には2種類有る。支配と征服の為の戦争と、抵抗と解放の為の戦争だ。日本は基本的に前者しか経験が無いが、ロシアが戦っているのは後者だ。日本人にとって「国を守る為に命を懸ける」と云うのは腐った指導者達が侵略事業を推進する為に垂れ流す恥知らずな嘘でしかないが、ロシアは実際NATOによって、軍事力で自らを守らなければ存亡の危機に立たされる状況に追い込まれている。これもまた、自分達の短い物差しで他者を測ってはいけない事例のひとつだ。
Putin Envisages Building A New Veteran-Led Russian Elite



 2024/01/26、プーチン大統領達は閣僚やサンクトペテルブルク市幹部達と会談した際、退役軍人達が主導するロシアの新たなエリート層の構想を明らかにした。

 彼は以前、現在約61万7,000人の軍人がウクライナに派遣されていることを明らかにしているが、彼はこの席上でこう述べている。
 
 「今日、私は学生達と会いました。彼等は学業を中断し、その多くは戦闘地域へ行きました。………将来、この国のエリート層はこの様な人々から形成される筈です。」

 そして彼は帰還兵達は国の発展を任せられる人材だと付け加えてこう言った。「従って、彼らは支援・援助されるべきです。」

 この背景として以前の分析を挙げておこう。

 プーチンの20年:その国内&外交政策の主たる業績(要点)
 President Putin’s 2020 Valdai Club Speech Articulated His Vision of Populist Statism
 Is Putin’s Healthy/Moderate/Reasonable – Conservatism Really a New Russian Ideology?
 国家主権に関するプーチンの見解(2022/06/09)
 Putin’s Revolutionary Manifesto Focuses On The Struggle For Democracy Against The Deep State

 プーチンは基本的に、国の守り近代化を継続する為に主権を重んじ、国民の意思をシームレスに伝達する愛国的な保守ナショナリスト達の台頭を促進したいと考えている。

 ロシアの特別軍事作戦は、ロシアの国益を守る為に50万人以上が自らの愛国心を戦場で証明する機会を与えた。ロシアの国益とは即ち、主権の維持、保守ナショナリスト的価値観の保護、多極化の促進のことだ。彼等は既存のエリート層に徐々に取って代わるのに最適な人材だ。

 特別軍事作戦が開始されるまで、ロシアの政治的・経済的エリート達はグローバル・サウスよりも西洋を優遇して来た。その方が便利だし慣れ親しんでいるからだ。ロシア外務省の外交政策企画局長アレクセイ・ドロビニンは、2022/08/03の論説で、これらエリート層が「大衆からイデオロギー的に分離している」と非難した。だが今では状況は一変した。

 既存のエリート層の殆どは、状況の変化に上手く適応することが出来たのだが、彼等全員を、文字通り命懸けで愛国心を証明した保守ナショナリスト達によって置き換えた方が、ロシアの将来にとってはずっと好ましい。彼等は状況に強いられて生き方を変えた既存のエリート層より政治的に遙かに信頼出来るし、あらゆる変化により容易に適応出来る。

 若い新世代には失うものは殆ど無いが、得るものは沢山有る。それに彼等は西洋への無邪気な信頼によって汚されている訳ではない。プーチン自身は彼自身の無邪気さによって判断を誤ったが、それは西洋寄りの顧問達の影響を受けてのことだったのは間違い無い。

 これに関連する分析を挙げておこう。

 Putin Cautioned Russian Strategic Forecasters Against Indulging In Wishful Thinking
 Merkel’s Admission That Minsk Was Just A Ruse Guarantees A Protracted Conflict
 Putin Explained Why He Had No Choice But To Protect The Russian Population In Ukraine
 The Five Ways In Which 2022 Completely Changed Russian Grand Strategy
 
 特別軍事作戦開始以降、プーチンは国際関係に関するパラダイムが完全に誤りであったことを悟り、最早既存のエリート層を当てにすることは出来ないと云う教訓を学んだ。これはエリート層の中に保守ナショナリストが存在しないと云う意味ではない。彼等は少数だが存在し、実際、彼等の言うことは正しかったことが証明された。また西洋寄りの人々も方針転換したが、彼等が余りにも少ないことが彼には不満なのだ。

 プーチンは無責任にロシアを後継者達の手に引き渡す訳には行かない。従って彼は「古い衛兵」を「新しい衛兵」に置き換える作業を加速させようとしているのであり、今回の発言もそれに則ったものだ。

 モスクワは一日にして成らず。ロシアのエリート層の再建にも時間が掛かる、有難いことに彼等は順調なスタートを切っている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR