fc2ブログ

ウクライナ紛争は2022年3月で終わる可能性が有ったが、ボリス・ジョンソンが和平合意を妨害した

 2023/11/24、ゼレンスキーの同盟者であるデヴィッド・アラハミア議員はインタビューで爆弾発言を行った。ロシアとウクライナが20223月にイスタンブールで和平交渉を進め、合意に達しようとしていた時、英国のボリス・ジョンソン首相がやって来て、「いいから戦いを続けよう」と邪魔をしたことを暴露したのだ。アラハミアはこの和平交渉の首席交渉官だった。
Boris Johnson derailed Ukraine peace deal – key Zelensky ally
David Arakhamia

 彼に拠れば、ウクライナが中立を保ち、NATO加盟を放棄することに同意すれば、ロシアは戦闘を止める用意が有ったが、西洋はキエフに戦闘を継続するよう勧告した(但し彼はロシア側を信用してはいなかった)。
Ukraine conflict could have ended in Spring 2022 – Kiev’s top MP

 ジョンソンはこの交渉中にキエフにやって来てウクライナ当局に対し、戦闘を継続し、モスクワと如何なる協定にも署名しないよう伝えた。

 キエフは今までこの問題について公に認めたことは無かったので、これは画期的だ。



これまでの展開

 この件は最初に2022/05/05ウクライナスカ・プラウダ紙によって暴露された。西洋は最初はロシア軍が3日以内にキエフを占領すると信じていたので、ゼレンスキーにロンドンかワルシャワへ亡命するよう提案したが、これは実現しなかった。

 ロシアが交渉を申し出ると、ゼレンスキーは交渉に応じる用意が有ると云う印象を与える為に派遣団を仲介国トルコのイスタンブールに派遣した。03/29にロシア側の首席交渉官ウラジーミル・メディンスキーは、キエフが正式に中立国となることに原則的に同意したと発表したが、これは事実だった。

 その後ロシア軍はウクライナ北部から撤退したが、04/09になるとジョンソンが略予告無しにキエフを訪問し、仮にウクライナがロシアと何等かの協定を結ぶ用意が有ったとしても、西洋にはその様な用意は無いと云う脅迫を行った。
West killed peace proposal to end Ukraine war, Russia supported negotiated settlement

 ジョンソンが去ってから3日後、プーチン大統領は公の場で、ウクライナとの交渉は「行き詰まり」になったと述べた。

 その後外交問題評議会のメディア部門であるフォーリン・アフェアーズ紙の2022年9/10月号で、米国家安全保障会議の欧州・ロシア上級局長を務めたフィオナ・ヒルもまた暫定和平交渉が行われていた事実を認めた

 2023/02/05にはイスラエルのベネット首相(当時)が同様の暴露発言を行った。

 06/17にはプーチン大統領自身が、この時失効したロシアとウクライナとの協定草案の詳細を明らかにした。

 11/01には、当時仲介役を頼まれたドイツの元首相ゲルハルト・シュレーダーも同様の暴露発言を行った。
 
 因みに2022/04/01になると、キエフ当局はロシア軍がブチャで民間人を虐殺したと云うフェイクニュースを流し始めたが、ベネット氏に拠ると、これ以降は和平交渉は不可能になったと云う。



 「ロシアが和平交渉になど応じる筈が無い」などと自分の思い込みと偏見から勝手なことを主張している人も多いが、以上に記したことからも判る様に、彼等は単に事実確認が出来ていないだけだ。ロシアは最初から自国とウクライナのロシア人を核の威嚇とジェノサイドの脅威から守りたいだけであって、それ以上のことは望んでいないと繰り返し公の場保表明しているし、西洋やキエフの側でもその事実を認めている。ロシアは和平交渉を望み、キエフも同様だったが、西洋がこれを妨害した為にその後戦闘が継続されることになった。従って和平交渉再開の決定権を握っている連中はワシントンやブリュッセルに居るのであって、モスクワやキエフには居ない。和平交渉再開を要求すべき相手は西洋の政策決定者達だ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR