fc2ブログ

ロシアの投資による建設中のアフリカのインフラ、トップ11(要点)

2023/09/23公開の、Acb King TVの動画の要点。




 中国は近年、アフリカへの投資に力を入れているが、ロシアもまた近年は同様の試みで大きな成果を挙げている。金融分野に偏った西洋の投資と違って、これらは人々の生活向上に実際に資するインフラ建設に焦点を当てているのが大きな特徴で、経済刺激の他、エネルギー・食糧安全保障の確保やモビリティの向上、雇用の創出等にも貢献する。つまりロシアは、アフリカがよりまともな経済体制を作る手助けをしている訳だ。そして改めて言うまでも無いことだが、中露は米国やNATOと違って、アフリカ諸国を爆撃したり、経済制裁を課したり、違法に軍隊を駐留させたり、クーデターや暗殺を実行したり、テロ組織を支援したりはしていない。



 11)モザンビークから南アフリカまでを繋ぐガス・パイプライン(2億ドル。2024年完成予定):ロシアとアフリカの間で契約された初の大規模エネルギー・プロジェクト。

 10)アンゴラの道路ネットワーク(5億ドル、2025年完成予定):2,000km近い道路の建設が含まれる、アンゴラ史上最大のインフラ・プロジェクト。

 9)ケニアの学校(10億ドルの合意の一部。第1段階は2023年内完成予定)

 8)モザンビークの農業プロジェクト(3億ドル。2024年完成予定):モザンビーク史上最大の農業プロジェクトで、灌漑設備や加工工場等も含まれる。
 
 7)南アフリカの高速道路(100億ドルの合意の一部。第1段階は2025年完成予定)
 
 6)タンザニアの橋:700m長の橋で2つの都市を繋ぎ、観光促進が期待される。

 5)アルジェリアのスポーツ施設(5億ドルの投資の一部。2億5,000万ドルの第1段階は2024年完成予定)

 4)アンゴラの港(2026年開港予定):アンゴラの輸送能力の向上を図ると共に、世界市場へのアクセスへの拡大も期待される。

 3)エジプトの原発(40億ドル。2028年完成予定):4,000万以上のエジプト国民に電力を供給することが期待される。ここ30年で初めてのアフリカの原発でもある。アフリカに於けるロシアの単独の投資としてはこれが最大。

 2)ナイジェリアの病院(2億ドルの投資の一部。1億ドルの第1段階は2024年完成予定)

 1)モロッコの脱塩工場(3億ドルの投資の一部。1億5,000万ドルの第1段階は2025年完成予定):モロッコ人にきれいな水を提供することが期待されている。



 他にも様々なプロジェクトが進行中であり、これらはアフリカに於てロシアが政治的・経済的に影響力を増していることを示している。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR