fc2ブログ

中国政府はクリミアについての立場を保持。旧ソ連諸国の主権を尊重する———外交官(要点)

TASS通信の記事の要点。2023/04/24に再確認された、中国政府が旧ソ連諸国の法的立場についてどう考えているかについて。
Beijing retains Crimea stance, respects sovereignty of post-Soviet countries — diplomat


 
 駐仏中国大使の盧沙野氏が旧ソ連共和国の法的地位に関して疑問を呈した後、2023/04/24、中国外務省の毛寧報道官は記者会見で、「ソヴィエト連邦の終焉後、中国は(新しく作られた)国々と外交関係を確立した最初の国のひとつでした」、「中国は、ソヴィエト連邦の崩壊後に設立された共和国の主権的地位を尊重しています」と述べつつ、クリミアに関しては、「クリミアは元々ロシアの一部」であり、1954 年にフルシチョフ書記長によってウクライナ・ソヴィエト社会主義共和国に行政上移管されたと述べた。

 ソ連諸国は、「主権国としての地位を立証出来る国際協定が無い為、国際法の下で現在の地位を持っていない」と云う理屈らしい。

 「正式には、中国はクリミアをロシアとは認めていない」とTASSでは報じられている。

 厳密に法的に言えばどうなのか一寸私は詳しくないのだけれども、元々フルシチョフの独断で進められたクリミアのウクライナ編入には法的に問題が有って無効とすべきだと云う指摘も有る様なので、そう言われればそうなのかも知れない。何れにしろ、現在のクリミアの人々の民意ははっきりしている。

 国連憲章ははっきりと人民自決の権利を定めているので、キエフの違法なクーデター政権が主張する国家「主権」がクリミアの人々の主権に優越していると考えるべき道理は無い。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

中国は賢い

 貿易や外交と言う点で、中国はロシアと良好な関係を維持しています。
「それぞれの国家の自治と自律を認め尊重し介入しない」というのがロシアや中国の主張であり正当です。
 そうである以上、歴史的経由がどうであれ、ウクライナを独立国家として尊重すると言うのは当然です。
 クリミアがかつてウクライナであった以上、中国がそう言うのも道理です。
 既にロシア支持の国々が圧倒的に多数になり、イスラエル戦争の結果、ウクライナへの欧米の関心は薄れ、ウクライナは崩壊寸前ですから、中国が何をどう言おうがロシアには何の悪影響もありません。
 さらに、中国がこのように発言しておけば、欧米から中国がロシア寄りだと非難され、攻撃されずに済み、中国が円滑にロシアやグローバルサウスとの経済的関係を構築する事が出来ます。
 ロシアが存在する限り、欧米が軍事的に世界を支配する事は不可能であり、中国が貿易や経済で発展する限り、欧米が世界を経済的に支配出来なくなっていきます。
 ロシアと中国は車の両輪であり、ロシアの勝利が確定した以上、中国が欧米寄りの発言をした事は、むしろロシアにも、中国にも、グローバルサウスにも有益であり、優れた政治手腕と認めるべきだと思います。
 さすが中国ですね。素晴らしい外交手腕です。ロシアも十分理解していると思います。
プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR