fc2ブログ

イスラエルとウクライナに対するその二重基準により、西洋はグローバル・サウスで信用を失っている(抄訳)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。イスラエルとウクライナに対する西洋の二重基準は余りにも明々白々なので、西洋の偽善に対するロシアの一貫した批判の信憑性が高まっている。
The West’s Double Standards Towards Israel & Ukraine Discredited It In The Global South



 2023/10/18、フィナンシャル・タイムズは「西洋がイスラエルを支持すればする程、ウクライナに対する発展途上諸国の支持は損なわれる」と題する記事を発表し、外交官や当局者の言葉を引用して、これら2つの紛争に対する西洋の二重基準が、グローバル・サウスに於ける西洋の信用を落としていることに注意を促した。そしてこの偽善的な姿勢が、発展途上諸国の世界の多数派(グローバル・マジョリティ)の心を掴むと云う点で過去20カ月間に彼等が勝ち得て来た成果を全て台無しにしてしまったと、この記事は正確に評価している。

 今では国際関係について大して注意を払っていない観察者であっても、イスラエルの様な西洋の同盟国は、その「ルールに基付く秩序」とやらの人道的次元に違反しても全く罰を受けずに済んでいる一方で、ロシアの様なライヴァル国はその容疑を掛けられただけでも西洋からの激しい怒りに直面することを知っている。

 ロシアの特別軍事作戦に対する西洋の反応とは異なり、イスラエルに制裁を課せとか、ガザでイスラエルに対する代理戦争をやらせる為にハマスを武装させろなどと話している政策立案者は一人も居ない。

 西洋ブロックのこの二重基準は、イスラエルとウクライナを支持することで自分達の信用を落とすことになっても、地政学的により大きな利益を得られると云う計算に起因するものだ。

 ネタニヤフ首相とは幾つかの深刻な意見の相違を抱えてはいるが、西洋は依然としてイスラエルを西アジアに於ける「不沈空母」であり、如何なる犠牲を払ってでも常に支持しなければならないと考えている。他方でウクライナは丸ごと、ロシアを封じ込めバルカン化する為の拠点であると考えている。

 政策立案者達の計算に於ては、こうした具体的な利益は「ルールに基付く秩序」に関する世論やレトリックよりも優先される。この概念は地政学的な大義を大衆に信じさせる為の方便に過ぎない。この「ルール」は、戦略家達が西洋の利益になると信じた場合に於てのみ恣意的に適用される一方で、彼等が同盟者の違反に対して目を瞑っていることには、常に何等かの仕方で尤もらしい説明が与えられる。

 ロシアの特別軍事作戦の場合は、第二次世界大以降前例の無い、ヨーロッパの国境を侵犯する行為であり、これまでのどの大陸紛争よりも多くの民間被害を引き起こしているものとして描かれている。またロシアの正当な安全保障上の利益が軽視されることで、全く謂れの無い/挑発されざる侵略であるかの様に見せ掛けられている。

 対照的にパレスチナ境界の保全は、イスラエルの正当な安全保障上の利益がその侵害を正当化すると云う理由で無視されており、これと同じ論法が民間人の犠牲者にも利用されている。イスラエル軍がパレススチナの領土を侵害しパレスチナ人を虐殺しても、それはイスラエルの正当な自衛権の行使とされるのだ。

 これらの例は非常に重要な違いを含んでいるので過度の単純化は禁物なのだが、これはグローバル・サウスが何故西洋のレトリックを信用しないのかと云うことを説明する為に引き合いに出したまでだ。西洋の二重基準は余りにも明々白々なので、西洋の偽善に対するロシアの一貫した批判の信憑性が高まっている。

 その結果として西洋の評判は下がり続けているが、これは西洋の戦略家達がソフトパワー上の利益よりも地政学的な利益を優先していることに起因している。

 イスラエルとハマスに対してロシアがバランスの取れたアプローチを取っているのとは異なり、西洋はハマスを犠牲にしてイスラエルを支援することを決めた。これによって彼等は「ルールに「基付く秩序」の欺瞞性を自ら証明し、グローバル・サウスの信用を失ったのだ。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR