fc2ブログ

米国が支援するイスラエルのカラー革命は、正に危機的状況に達した(要点)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の要点。米国は自国の主権を追求するネタニヤフを望んでいない。
The US-Backed Color Revolution In Israel Just Reached Crisis Proportions



 ネタニヤフの首相復帰以降、彼に反対する何百万もの抗議者達は、真剣ではあるのだろうが、米国にとって「役に立つバカ」として機能して来た。

 コリブコ氏は、3月末の時点でそれは最早危機的なレヴェルにまで達したと見ている。

 ネタニヤフ政権は自国の主権を維持する方針で動いており、西洋のゴールデン・ビリオン中露協商インド主導のグローバルサウスの間で独自のバランスを取ろうとしているが、一極支配を望む米帝はイスラエルに、ユーラシア封じ込め政策に於ける「第二戦線」を開かせたいと思っている。

 保守主権主義者vsリベラル・グローバリストの戦いは、イスラエルに史上最悪の政治的危機を齎した。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR