fc2ブログ

シドロ元ポーランド首相は、ゼレンスキーは自分がナチ虐殺者と思われる人物に拍手を送っていたことを知っていたのではないかと疑っている(抄訳)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。ゼレンスキーは自分自身がユダヤ人であり、親族をナチスに殺害されているにも関わらず、ユダヤ人やポーランド人を大勢殺害したナチスの戦犯を讃えることに、何の躊躇いも覚えていない。そのことにポーランド人達は愕然としている。2023/09/25、ポーランドの元首相ベアタ・シドゥウォはこの件をツイートした。
Former Polish PM Szydlo Suspects Zelensky Knew He Was Applauding A Likely Nazi Genocidaire


 2023/09/19、急速に悪化しつつあるポーランドとウクライナの論争は、09/22にカナダ議会とゼレンスキーがウクライナのナチスを顕彰したスキャンダル後に更に悪化した。ポーランド側はこれを激しく非難し、更にその戦犯の引き渡しを求めると発表した。

 更に09/25、ポーランドの元首相ベアタ・シドゥウォもまたこの件についてツイートした。

 「カナダ議会に於けるSSガリツィア師団の退役軍人に対するゼレンスキーとトルドーの拍手は、より大きな問題の一部です。

 カナダの政治家達は———彼等の自慢になることではありませんが———自分達が誰に拍手を送っているのか知らなかったのかも知れません。しかしウクライナ大統領は、98歳の「ウクライナの英雄」が第二次世界大戦中に何をしていたか、考えてもみなかったのでしょうか? 恐らくゼレンスキー大統領は、ウクライナで益々広まっている、ナチス・ドイツと協力した第二次世界大戦中のウクライナ人組織へのカルトに余り注意を払って来なかったのと同じ様に、この問題に気付いていなかったのでしょう。

 ここ数ヵ月、ウクライナ人達はロシアに対して勇敢に戦っており、新たな英雄が現れたかの様でした。ウクライナ人のアイデンティティが赤と黒の伝統の上に築かれないよう願っています。」



 つまり彼女は、ゼレンスキー大統領はポーランド人とユダヤ人を虐殺したナチスと思われる人物を意図的に賞賛したと言っているのだ。この告発は、ポーランド政府がキエフのファシスト賛美にもう目を瞑るのを止めたことを示している。彼女はもう首相ではないが、首相の地位に在った人物がこの様な告発をしたことの重要性は無視出来ない。

 ここで仄めかされているのは、ホロコーストによって親族を殺されたゼレンスキーがナチスの虐殺者を美化したのは、ロシアと戦っているファシストのウクライナ大隊を鼓舞することの方が重要だと考えたからだ、と云うものだ。

 プーチン大統領は以前、何故ユダヤ人であるゼレンスキーが、ユダヤ人殺戮を指揮したステパン・バンデラとその反ユダヤ主義の支持者達を賞賛するのかを疑問視したことで、反ユダヤ主義だと非難された。だが、ゼレンスキー自身が数え切れない程の機会で証明して来た通り、ユダヤ人がファシストになることは可能なのだ。今回のスキャンダルもそのひとつに過ぎない。シドゥウォが言っていることは、本質的にはプーチンと同じことだ。

 ゼレンスキーの支持者達は、ゼレンスキーは誰に拍手を送っているのか全く分からなかったと主張しているが、シドゥウォはこれを疑う同胞達の懸念を伝えている。彼は自分自身がユダヤ人であり、親族をナチスに殺害されているにも関わらず、ユダヤ人やポーランド人を大勢殺害したナチスの戦犯を讃えることに、何の躊躇いも覚えていない。そのことにポーランド人達は愕然としている。

 プーチン大統領や他のロシア当局者達は以前からこの事実を指摘して来たが、それらは西洋では「ロシアのプロパガンダ」として却下されて来た。だが今やシドゥウォが間接的に同じ主張をしたことによって、それらを無視することは不可能となった。

 ゼレンスキーについての真実が知られた今、西洋のゼレンスキー氏に対する見方更に悪化するだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR