fc2ブログ

インドがロシアとウクライナの停戦を仲介出来る5つの理由(要点)

アンドリュー・コリブコ氏の分析の要点。インドがウクライナ戦争の仲介者に適任である5つの理由。
Five Reasons Why India Could Mediate A Russian-Ukrainian Ceasefire


 
 ウクライナのゼレンスキーは最高議会からロシアと会談を行うことを禁じられている為、和平プロセスには仲介者の存在が不可欠だ。インドがその役に適していると思われる理由は次の通り:

 1)米国は和平プロセスの「非中国化」を望んでいる。米国は中国が重要な外交的勝利を収めて歴史に名を残すことを許さない。

 2)ロシアは仲介役にトルコを最早望まないかも知れない。トルコがアゾフスタリ協定に違反したことで、ロシアとの信頼関係は取り返しが付かない程損なわれた可能性が有る。

 3)インドは南アフリカよりも有望な候補だ。インドは国連の反ロシア決議を一貫して棄権している中立国で、ICCにも加盟しておらず、ワシントンはデリーとモスクワとの関係を最早問題視していない。

 4)ロシアと米国はどちらもインドと良好な関係を築いている。西洋の制裁下で両国のインドとの戦略的パートナーシップはこれまでに無い程強化されたが、両国はどちらも、世界情勢に於けるインドの役割を高めることに関心を持っている。

 5)インドの調停は万人にとって受け入れ可能だ。インドに任せることで、ロシアと米国はそれぞれグローバル・サウスにアピール出来る。それにロシアの方では「中国に命じられて」やっている訳ではないこと、米国の方では「アジアの世紀」が「中国の世紀」を意味する訳ではないことを世界中に示すことが出来る。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR