fc2ブログ

石油に代わるだけの十分な金属は存在しない

 「再生可能エネルギー」として宣伝されているものの実態がちっとも「グリーン」なんかではないことはこのブログでも再三取り上げて来た。現時点で供給が全く追い付いていない、膨大な敷地面積を必要とする、実際には所謂「化石燃料」よりも多くの二酸化炭素を排出する………等々の諸問題に加えて、深刻なのが、再生可能エネルギー技術への移行に際して必要とされる鉱物だ。再生可能エネルギー技術は大量の鉱物やレアメタルを必要とするが、それらの採掘は当然、大規模な環境破壊を伴うし、人々の健康にも有害な影響を齎す。また大量の鉱物を易く手に入れる為に、新植民地主義勢力は既にテロや戦争クーデター、人身売買や児童労働等に頼っているが、再生可能エネルギーが推進されれば、それらの人権侵害も悪化が予想される。

 だが、これらと同様、殆ど言及されることが無いのは、これらの諸問題が仮に全て解決出来たとしても、地球にはそもそもグリーン・エネルギーを実現するのに十分な物質が存在しないと云う事実だ。風や太陽光は無尽蔵に手に入るかも知れないが、それらを電気に変える為に必要な鉱物やレアメタルは有限なのだ。

 この問題について、2021/08/20にフィンランド地質研究所のシモン・P・ミショー鉱山学博士が、かなり包括的な研究を発表している。
Assessment of the Extra Capacity Required of Alternative Energy Electrical Power Systems to Completely Replace Fossil Fuels

 この論文を紹介した記事が何本も出ているので、紹介だけしておくが、ここでは最も重要な箇所だけを抜き出してみる。
New geological study proves that the green energy movement is impossible to achieve
Geological Study Refutes Green Energy Agenda: Not Enough Metals to Replace Oil
Is There Enough Metal to Replace Oil?
Davos WEF is Promoting Impossible Zero Carbon Green Agenda

 石油をグリーン・エネルギーに置き換えるには、たった1世代分だけであっても、現在の推定金属埋蔵量は、略全てのカテゴリーに於て非常に不足している。次の表は新しい送電網と電気自動車を構築する為に必要な卑金属と希土類金属を示しているが、例えば高圧送電網システムに不可欠な銅は、約37億トン分も不足している。この不足分を一体どうやって補うのだろうか?


 また次の表は、現在の生産率で必要な金属を生産するのに掛かる年数を推定したものだ。例えば必要なリチウムを手に入れるには、1万年近く掛かると推定される。しかもこれらの採掘・輸送・加工には所謂「化石燃料」が必要となる訳だが、そうなれば炭素排出量は当然増加するし、炭化水素埋蔵量を枯渇させることになる。


 また石油は電気を生むだけではなく、6,000を超える日用品を含む様々な石油化学製品を作るのにも使われている。これらは現代社会の生活には不可欠なものだが、再生可能エネルギーでこの代用は出来ないし、炭化水素に代わる既知の代替品は存在しない。

 またウクライナ戦争を受けて、欧州はロシアからの石油・ガスの輸入を停止し、ノルドストリームを破壊することで物理的に供給の道を絶ってしまった訳だが、その結果、グリーン・エネルギーの移行に最も熱心なドイツは極端なエネルギー不足に陥り、石炭火力発電所を再稼働させるに至った。この事実が端的に示している様に、現時点で再生可能エネルギーによって現代文明を支えるのは不可能なのだ(R&Dが進んで今後何等かのブレイクスルーが起これば別かも知れないが、それは未知の将来の話であって、今の話ではない)。所謂「化石燃料」の使用を止めれば、現代文明は崩壊する。グリーン・ニューディールを世界規模で導入すれば、「地球上の略全ての人類は死亡する」かも知れないのだ。

 イデオロギー的には、これは真の環境主義とは何の関係も無い。反共プロパガンダに毒された者の中には、これは左派のイデオロギーの暴走であり、WEFの様なグリーン・アジェンダの推進者達は共産主義や社会主義を推進している、と批判することが多いが、これは新自由主義の暴走であって、グリーン・アジェンダは明確な利潤動機に裏付けられた、金融資本主義の産物だ。新自由主義/新植民地主義/帝国主義勢力による左派の乗っ取りは何十年も続いて来たし、実際問題として左派陣営はグリーンな嘘に騙されている人の方が多数派の様だ。だが左派と、一見左派っぽく見える真逆のものをごっちゃにすべきではないだろう。それは米軍やNATOの侵略戦争を、世界に人道主義や民主主義や自由を広める為の戦争だと信じる位に馬鹿げている。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR