fc2ブログ

ウクライナ攻勢開始:炎上するNATOの装備 vs ロシアの多層防衛陣(要点)

漸く発表されたキエフ軍の攻勢について、詳しくは解説しないが、ブライアン・バーレティック氏による質の高い解説動画を簡単に紹介しておく。
Ukraine's Offensive Begins: Burning NATO Equipment vs. Layered Russian Defenses



 ・2022/06/10、ウクライナの待望の攻勢が始まった。これはNATOが提供したあらゆる種類の装甲や武器を含んでいる。

 ・06/11時点で、ウクライナがロシアの安全保障地帯を突破して最初の防衛線に到達するのに苦労している一方、レオパルト2戦車、米国のブラッドレー戦闘車両、その他の装備が燃えていると云う映像証拠が明らかになっている。

 ・西洋とロシアの両方の情報源が、ウクライナの多大な損失を報告している。

 ・昨年のウクライナの秋季攻勢以来、ロシアは30万人の追加軍隊を動員し、多層防衛陣を確立した。

 ・ウクライナの働きに関係無く、NATOにはウクライナに、如何なる期間でも作戦を維持したり、ロシアの反攻に対して獲得した領土を保持したりする為の装備と弾薬を供給する能力は無い。



 つまり、キエフ軍は予想通りズタボロ負けで、人員も訓練も軍備も間に合っておらず、航空支援すら無い。

 他方ロシア軍は何ヶ月も前から十分に整えて来ており、被害を増やさずNATOの介入を許さない為に、辛抱強く長期的戦略目標に照準を合わせてきっちり応戦している(殆どの人は短期的な戦略目標しか見えていないので、「ロシア軍は弱い」と云うプロパガンダを鵜呑みにしているが、実際は逆だ)。

 15ヶ月に及ぶキエフ軍勝利のプロパガンダは、今後本格的に崩壊し始めるだろう。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR