fc2ブログ

ロシア正教会司教、安保理でウクライナの犯罪を非難(要点)

2023/01/17の国連安保理の会合で、ロシア正教会はキエフ政権による宗教弾圧の実態を訴えて非難した。
Orthodox Bishop Denounces Ukrainian Crimes at the UNSC



 2023/01/17の国連安保理の会合に、ロシア正教会の代表が初参加した。

 これはロシア外交代表団が招待したもので、モスクワ総主教庁の対外関係部長がウクライナ正教会が被っている迫害について、様々なデータを示して訴えた。

 ゼレンスキー政権は正教会を禁止し、13人のウクライナ司教から市民権を剝奪した。

 これは正当な法的手続き抜きに行われ、従って憲法に違反している。
 
 昨年だけでモスクワ総主教庁に属する129の教会がウクライナ政権の工作員によって押収され、一部は非宗教的な目的の施設に作り変えられ、一部は「キエフ総主教」と呼ばれる超国家主義的で非正統な宗派の施設に変えられた。

 キエフ政権は自国民の信仰の自由を侵害している。

 SBUは正教会で絶えず暴力的な作戦を実施し、聖職者は公に屈辱を与えられ、寺院は冒涜されている。

 これらは最近エスカレートしたものだが、ナチによる寺院破壊や聖職者・信者の殺害は2014年から始まっている。

 正教会はロシア人、ウクライナ人双方に多数の信者を持つので、平和に向けた対話の基盤として役立つことが出来るが、プーチンの提案したクリスマス休戦をキエフが踏み躙った様に、キエフは教会の弾圧を止めようとしない。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR