fc2ブログ

ダルフールのジェノサイド(2003〜09年)の真相

人道主義の名を借りて帝国主義を推進するハリウッド俳優ジョージ・クルーニーの妻であり、腐敗した国際刑事裁判所のカリム・カーン検事総長とダルフール問題で長年協力している国際弁護士アマニ・クルーニーについてはマックス・ブルーメンソール氏の記事が詳しい。クルーニー夫妻のクルーニー正義財団は、民主党の資金集めに最も貢献している組織のひとつで、ゲイツやソロスから支援を受け、諜報機関ベリングキャットのパートナーでもある。
 
How NATO states sponsored ICC prosecutor’s Putin arrest warrant
NATO加盟諸国がICC(国際刑事裁判所)の最高検察官に資金を渡し、プーチンに対する逮捕状を出させた手口とは

★2023年4月のスーダンでの軍事衝突の1ヶ月前、国連安保理では嘘に基付く対スーダン制裁の延長が決定されていた。
安全保障理事会は決議2676(2023)を採択し、スーダン制裁専門家パネルの任務を延長することを決定(要点)

米国が捏造した「ジェノサイド」等を口実にスーダンに対して課している制裁(一方的な強制措置。経済攻撃)の一覧。ワシントンの連中は人権侵害ケシカラン!とか言いながらスーダンの人々の首を絞めているサイコパスの集まりだ。
Sudan Sanctions

ハリウッドの似非人権活動家の一人、ジョージ・クルーニーは、捏造された「ダルフールのジェノサイド」や、米国が内戦を作り出した南スーダンの人権状況について大袈裟に嘆いて見せ、「この儘では駄目だ、我々文明人が介入してやらなければならない!」と云う世論誘導の旗振りをしている。関連記事一覧が載ってあるページを紹介しておく。
George Clooney

★2003〜2009年の所謂「ダルフールのジェノサイド」は、米国の介入政策を正当化する為の捏造だった。
ダルフール戦争と殺戮(要点と補足)
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR