fc2ブログ

ブリンケン米国務長官、アフリカ参りから手ぶらで帰国(要点)

ブリンケン米国務長官の、2022年8月の2度目のアフリカ参りの成果。
US Secretary of State Blinken Returns Empty Handed from Africa Tour



 ブリンケン米国務長官はアフリカ連合加盟3ヵ国を回り、ロシアと中国の地政学的影響力を封じ込めようとした様だが、さしたる成果も無く帰国した様だ。

 ・南アフリカ共和国:ウクライナ紛争に関しては政府の立場はロシア非難を拒否することで変わらず、軍事支援ではなく外交的解決を図るべきとの主張を繰り返した。

 ・コンゴ共和国:ブリンケンはルワンとの国境で紛争が激化している件について懸念を表明したが、ルワンダとウガンダが支援する(公式には否定している)M23反乱軍のテロの最中に何もしない国連平和維持軍は大変評判が宜しくなく、市民の抗議行動が続いている。

 ・ルワンダ:国営メディアでさえ、ポール・カガメ大統領による映画『ホテル・ルワンダ』のモデルになったルセサバギナ氏の投獄に関して米帝が関与していることを非難しており、体制派の民間メディアもまた二重基準を使うワシントンの偽善を指摘している。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR