fc2ブログ

モルドバの生き残りゲーム(要点)

ウクライナの隣国でありモルドバの現状についてのRTのドキュメンタリーの要点。
Moldova’s Survival Games (Documentary)

Moldova’s Survival Games | Moldovans torn between Russia and the West | RT Documentary




 ソ連崩壊後、モルドバには大量のNGOが西側から流れ込み、社会と政治を乗っ取った。

 親西側・新米の政府は西側から支援を受けており、腐敗スキャンダルが絶えない。

 軍事費はふんだんに増やすが民生は後回しで、対ロシア制裁の加担によって経済は半ば麻痺状態。

 ルーマニア(モルドバを認めていない)との統合を巡ってはファシズムが荒れ狂い、親ロシア的言動は犯罪と見做され、政府の方針に反対する者も同様。

 子供達を学校に通わせることすら出来ず、将来が見えなくて絶望した市民の約1/3は国外(主にロシア)で働いている。
 
 国の方針を決める命令はモルドバ政府からではなく、米国大使館から来る。

 ロシア軍の特別軍事作戦が開始された直後にモルドバが中立を謳った時には、「人道支援」「経済発展と安全保障」「民主的・経済的持続性」を名目にバイデン政権から大量のカネが流れ込んだ。

 ソ連がナチに勝利した歴史は書き換えられ、ソ連侵略は「解放」と呼び換えられている。

 冬の到来を前にして、政府は市民生活を犠牲にして隣国の戦争を優先している。

 人々の選択肢は戦うか逃げるかだが、多くは後者を選択している。

 ウクライナと国境を接するトランスニストリアとガガウズの人々は、ウクライナのドンバスの人々の様に、ロシアの一部になることを熱望している。ルーマニアの一部になればウクライナの二の舞になると恐れている人が多いのだ。

 毎年約3,000人が国を脱出している。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR