fc2ブログ

エストニア

★アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。2024/01/14のビルト紙のリーク記事はバルト三国に対するロシアの脅威を煽っているが、ラトビアではロシア系マイノリティが強制追放される動きが進んでおり、このシナリオ予測は西洋自身の手によって実現されるかも知れない。 バルト三国からロシア人を追い出し、北極を軍事化し、「軍事シェンゲン」を推進する為に、西洋はこのシナリオが起こることを期待している。
一部のロシア人を追放するラトビアの計画は、ビルトのシナリオ予測を始動させるかも知れない(抄訳)

★アンドリュー・コリブコ氏の分析の抄訳。2023/12/05、リトアニア、ラトビア、エストニアの大使達は、ポーランドがウクライナに対して課している事実上の国境封鎖を解除するよう要求した。これはバルト三国の国益に反し、ドイツの覇権にとっては有利な展開だ。
事実上のウクライナ封鎖を巡ってバルト三国がポーランドに出した解除要求は、ドイツの利益になる(抄訳)

2022/10/11に開催されたエストニアの予備役兵の為の軍事演習には、約1/3の兵士が姿を現さなかった(2,861人中約1,800人のみが参加した)。マルティン・ヘレム司令官はにも関わらず演習を「非常に満足の行くもの」と評し、意図的に呼び出しに応じなかった者は10~15%に過ぎないと判断し、軽い罪で起訴されるだろうと付け加えた。エストニアの政治指導部はロシアに対して強硬な姿勢を強めているが、これではいざ本物の召集が掛かった時にどうなることやら。
One in three of NATO member’s military reservists go AWOL

2022/10/05のインタビューでエストニアの国防相はノルドストリームの破壊を受けて、NATOに対し、海上だけでなく海中でもパトロールを強化するよう求めた。その際「このサボタージュに関心を持っている唯一の国はロシアです」と発言したが、これを裏付ける証拠は無いことも認めた。まぁこう云う「何だろうと言った者勝ち」みたいな連中がNATO諸国には多い。
Estonia wants NATO to expand missions
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

川流桃桜

Author:川流桃桜
一介の反帝国主義者。
2022年3月に検閲を受けてTwitterとFBのアカウントを停止された為、それ以降は情報発信の拠点をブログに変更。基本はテーマ毎のオープンスレッド形式。検閲によって検索ではヒットし難くなっているので、気に入った記事や発言が有れば拡散して頂けると助かります。
全体像が知りたい場合は「カテゴリ」の「テーマ別スレッド一覧」を参照。

ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 人気ブログランキング
良ければクリックをお願いします。
最新記事
カテゴリ
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR